【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

当ページのリンクには広告が含まれています。
【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?
あんなん

こんにちは
ミニマリストあんなんです

今回は、ワセリンのおすすめの使い方についてご紹介します。

肌断食中の保湿に顔に塗るのはもちろん、全身の保湿にも使えるんですよ♪

継続して塗ることで角質が柔らかくなったり、皮剥け・カサカサも改善するんです。

  • 使用感・効果は私個人の感想になります。
  • すべての方に同じ効果があると保障するものではありません。
  • 自己責任で使用してください。
目次

ワセリンの使い方

  • 顔の保湿に使う
  • 実は全身に使える

1.顔の保湿に使う

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

ワセリンは、主に顔の保湿に使っています。

化粧水や乳液の使用をやめる肌断食をしており、代わりにワセリンを保湿剤として使っているんです。

ワセリンの保湿力はどんなスキンケアアイテムより高いので、顔の乾燥対策におすすめですよ♪

★肌断食ってどうやるの?

2.実は全身に使える

顔に使っているワセリンですが、全身に使うこともできるんです!

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

継続して塗ることで角質が柔らかくなったり、皮剥け・カサカサも改善するんですよ。

ワセリンは安価+良く伸びるので、全身に使ってもコスパが良いのも特徴です。

ワセリンで全身の乾燥対策しませんか♪

ワセリンのおすすめの使い方3選

  • 唇に塗る
  • かかとに塗る
  • ハンドクリームの代わりとして

1.唇に塗る

リップクリーム代わりに唇に塗るのがおすすめです。

塗る量は指先にほんのちょっとでOK!塗り広げるとうるうる、ちゅるんちゅるんの唇になりますよ。

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

どんなリップクリームより断トツの保湿力で、潤いも長持ちします!

朝・昼・晩、3回の保湿で1日中唇の乾燥を防ぐことができるんですよ♪

  • 食事や飲み物を飲んでもしっとりしたまま
  • 寝る前に塗れば朝までうるうる
  • 皮剥けでカサカサの唇も治る

★ミニマリストの化粧品

2.かかとに塗る

乾燥して硬くなりがちなかかとの保湿にもおすすめなんです。

指の第一関節分くらい取って、かかとに塗っていきます。

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

継続して塗ることで、見た目にかなり差が出てくるんですよね・・・!

カサカサ感が減るし、角質が柔らかくなりますよ。

ワセリンを塗っていないかかと

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

ワセリンを塗り続けたかかと

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

塗った後すぐに歩くと床にワセリンが付いてしまいます。

なので、ワセリンを塗ったらすぐに靴下を履くor寝る直前に塗ってすぐに布団に入るのがおすすめです。

★足が冷えには5本指ソックスがおすすめ

3.ハンドクリームの代わりとして

ベタベタするイメージのワセリンですが、手に塗ってみると思った程ベタつかないんです。

ハンドクリームの代わりとしても使えるんですよ。

使う量は1cmくらい、少量で大丈夫です。

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

さすがの保湿力で、手を濡らしても水分をガンガン弾いてくれます!

水仕事をする方には特におすすめですよ。

どのワセリンを使うのがおすすめ?

  • かかと
  • 基本的にどれを使ってもOK

部位ごとにどのワセリンがおすすめかご紹介しますね。

1.唇

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

唇の保湿にはサンホワイトがおすすめです。

柔らかく伸びやすいので、顔や唇など皮膚の柔らかいところに塗りやすいんですよね。

チューブタイプで少量でも出しやすい所もいい点です。

2.かかと

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?
【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

かかとにはヴァセリンスキンオイルA or 白色ワセリンがおすすめです。

ドラッグストアで安価に買えるので、惜しみなく使えるのが良いんですよね♪

サンホワイトより少し硬めのテクスチャなのですが、かかとの皮膚は丈夫なのでガンガン塗っています。

3.手

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

手には唇と同じくサンホワイトがおすすめです。

チューブタイプなので手に取りやすいし、持ち運びにも便利なんですよね。

柔らかいテクスチャも広げやすく、手塗るのに向いています。

4.基本的にどれを使ってもOK

ワセリンは数種類あるんですよね。

その理由は、精製度で名前が変わるからなんです。

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

元はどれも同じ石油!そして、保湿力に違いはありません。

「このワセリンが乾燥に1番効果的!」というものはないので、テクスチャの硬さや買いやすい価格で選ぶのがおすすめですよ。

ワセリン3種のレビューについてはこちらの記事をご覧くださいね。

ワセリンを塗る時の注意点

  • 塗りすぎ注意
  • 効果を期待しすぎない

1.塗りすぎ注意

ワセリンにはすばらしい保湿効果があるのですが、塗り過ぎると肌荒れを引き起こす可能性があります。

以前顔にワセリンを塗りすぎて、蕁麻疹のようなものが出てしまったんですよね・・・。

【リップ・ボディにも】ワセリンのおすすめの使い方|肌断食以外でも使える?

唇・かかと・手にワセリンを使って肌荒れしたことはないのですが、塗り過ぎには注意です!

塗りすぎなければ頼もしい保湿剤ですよ♪

2.効果を期待しすぎない

ワセリンは保湿のために使うもので、使えば肌がキレイになるスキンケア用品ではないんですよね。

そのため、ワセリンの効果に期待し過ぎて使用するとガッカリしてしまうかもしれません・・・。

ですが乾燥による肌荒れ・肌悩みには効果的なので、1度試してみてはいかがでしょうか。

あんなん

カサカサ・乾燥感・粉吹き・毛穴の目立ちに効果がありましたよ!

【まとめ】ワセリンは顔の保湿以外にも使える

ワセリンのおすすめの使い方についてご紹介しました。

全身に使えるワセリンを活用することで、色んな種類の保湿剤を買わなくて済むのも良い点ですね!

とくにリップクリーム代わりに使うのがお気に入りで、唇が潤っていると血行が良く、顔色も明るく見えますよ〜♪

気軽に始められるワセリン保湿、おすすめです。

★肌断食におすすめの石鹸のレビュー

\強迫性障害の闘病記かいてます/

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次